遠藤歯科医院

遠藤歯科医院|東京都練馬区南大泉3-7-2

根管治療

重度の虫歯でも歯を抜かない治療ができます~根管治療~

根管治療は、虫歯が歯の神経まで進行しているとき行います。これまで抜歯するしかなかったような重度の虫歯でも、根管治療を行えば歯を抜くこともなく天然歯の根を残すことができます。虫歯菌に侵された歯質、神経・血管を含む歯髄(歯髄)を歯の根内部にある「根管」から除去し、消毒・殺菌をした後に薬剤を充填します。

根管治療が適切に行われないと、歯の根が炎症を起こし膿がたまる「根尖病巣(こんせんびょうそう)」というトラブルにつながります。根尖病巣は放っておくと激痛を伴います。根管治療は、二度目以降の成功率が低くなるというデータがあり、最初の治療で成功させる技術があるかが鍵となるのですが、根管内は肉眼では見えにくいためレントゲンや特殊な機械・器具などを使って治療の精度を高める必要があります。そのため当院では高性能な機器を完備しております。また、院長は当地で開業以来、およそ30年の治療経験がありますので技術面と経験面において自信があります。どうぞ安心してお任せください。

 

根管治療の流れ

Q STEP1. 治療前の準備

 

治療前の準備

 

根管部分を露出します。
虫歯治療中の場合

虫歯に侵された歯質、歯髄(神経や血管)を徹底的に除去します。
過去の治療で詰め物・被せ物をしている場合

詰め物・被せ物を削り取り、内部に詰められている薬剤を可能な限り除去します。

 

Q STEP2. 洗浄

 

洗浄

 

歯の内部を専用の器具を使ってきれいに洗浄します。

 

Q STEP3. 消毒・殺菌

 

消毒・殺菌

 

歯の内部を、薬剤を使用して徹底的に殺菌・消毒します。症状に合わせて、適切な薬剤を詰め直します。

 

Q STEP4. 検査

 

検査

 

薬剤を根管内の隅々まで充填した後、歯を削りながら形を整えて歯型を取ります。噛み合わせに注意しながら被せ物(クラウン)を作り、装着して終わりです。 歯科用レジン製の差し歯や銀歯の見た目が気になる方には、表面がセラミックで目立たないメタルボンド(保険外治療)もご用意しておりますのでお気軽にご相談ください。

 

根管治療の大切さ

歯科医療において歯を抜くということは可能な限り避けたい治療法のひとつです。1本の歯を失うことで歯列全体に悪影響を与え、その後の補綴(補綴)治療次第では周りの歯の寿命にも関わるからです。

根管治療は、歯の寿命を延ばすための最後の手段といっても過言ではありません。治療を終えるまでには多くの時間を必要としますが、再発することないように最後までしっかり治しましょう。

 

お問い合わせ

ご予約・お問い合わせはこちら TEL:03-3978-8148
▲歯に関するお悩みやご相談がありましたら、遠藤歯科医院までお気軽にお問い合わせください。