遠藤歯科医院

遠藤歯科医院|東京都練馬区南大泉3-7-2

ブログ一覧

2016/12/24

むしばはこどものびょうき

5年で抵抗性を獲得ー

生えたての歯はⅿ7芝に対して無防備ですが、5年ぐらいたつと、虫歯菌に対する抵抗性を獲得します。親知らず以外の永久歯は、小学1年ごろから6年生ごろまでの間に生えそろうので小学校卒業から5年間、つまり高校生のころまで1本も虫歯にならなければ、その人はそれから1しょう、虫歯になる可能せいはほとんどないのです。

この様な意味から【虫歯は子供の病気】といえるのです。

おとなのびょうきはやりなおしがおおいー

じつはおとなのむしばはやりなおしがおおいのです。いぜんちりょうをうけた、まさにその歯がわるくなってちりょうのやりなおしをうけているのです。むしばのちりょうはへいきん5ねんごとにやりなおしがしつゆというとうけいもでています。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
遠藤歯科医院
http://www.endoshika.jp/
住所:〒178-0064 東京都練馬区南大泉3-7-2
TEL:03-3978-8148
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/12/19

歯は堅いのにどうして穴が開くの

すいしょうとおなじかたさー

は、正確に言うと葉のもっとも外側にあるエナメル質の硬さは水晶などと同じ7「モース硬度」で、人間の中では最も固い組織です。こんなに硬いのに、虫歯になるとなぜ簡単に穴が開くのでしょうか。その答えはむしばのできかたにあります。

母PH5・5以下の危険域になると溶け始めます。施行のっはt7羽状7ぐらいですが、飲食を始めるとさがっていき3分ほどでPH5・5以下になります。大理石に塩酸をかけると穴が開きますが、歯も同じで産に弱いのです。

だらだらぐいはだめー

とはいっても食事のたびに歯が解けるのではありません。唾液が産を中和し溶けたところをせっせと補修しているのです。處がだらだら食べつ図けていると歯垢は際限なく酸を作りつずけ、唾液の中和作用や再石灰化も間に合わず、ついには穴が開いてしまいます。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
遠藤歯科医院
http://www.endoshika.jp/
住所:〒178-0064 東京都練馬区南大泉3-7-2
TEL:03-3978-8148
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/12/16

虫歯はなぜ痛いの

ぞうげしつはいたみのあんてなー

象牙質は痛みを感じる「アンテナ」であることが分かっています。アンテナでキャッチできるのは、冷たいもの、熱いもの、虫歯の毒素、歯磨き、甘いものなどです。ところが、アンテナから神経までのるうと、つまりキャッチした情報がどのように神経に伝わるかが実はよく分かっていないのです。なお虫歯が象牙質に届いても、神経から離れていれば痛みは一時的です。

神経に触れるともっと痛いー

歯の神経は堅い組織に囲まれているので、炎症の逃げ場がなく、結果として神経を強く圧迫します。そのために虫歯が神経に届くと激しい痛みを感じるのです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
遠藤歯科医院
http://www.endoshika.jp/
住所:〒178-0064 東京都練馬区南大泉3-7-2
TEL:03-3978-8148
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/12/15

虫歯菌はどこから来るの

70パアセント以上は母親からー

人間は、生まれ落ちた瞬間から種々の雑菌と共存し始めます。口も例外ではなく、おぎゃーと産声を発した瞬間から、口にはいろいろな菌が住み着き始め、最終的には300種類以上の細菌が生息することになります。その中に虫歯菌もいるのです。最近の研究では70パアセント以上の確率で、母親の虫歯菌が赤ちゃんに移ることが分かっています。

最きん母親の歯周病菌も赤ちゃんに移っていくことがわかりました。

歯を治療して出産を

このような観点から、北欧では、生まれてくる赤ちゃんの口の健康を守るために、妊婦の口をきれいにすることがつよく推賞されています。また妊婦の口を健康にするために、健康保険も使えるようになりました。

日本では、このような目的で保険は使えませんが、妊娠したことがわかったら、あるいは妊娠する可能性のある女性は、虫歯と歯周病の処置をきちっとして出産を迎えることが、ひいては赤ちゃんの口の健康につながるのです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
遠藤歯科医院
http://www.endoshika.jp/
住所:〒178-0064 東京都練馬区南大泉3-7-2
TEL:03-3978-8148
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/12/12

「噛めること」の利点は

「かめるひと」のほうが健康

東京都の老人医療センターと老人総合研究所の県きゅうぐるうぷが、東京都小金井市の65-84歳の高齢者405ン8ンを対象に、「噛める人」と「噛めない人」の骨の密度や丈夫さ、平衡能力、握力、体重などを測定したところ、「噛める人」のほうが明らかに買っている結果が出たそうです。

このけっかからも、「口は健康の入り口」であり、「噛める」「噛めない」は全身の健康を左右することがよくわかります。

口は健康を生み出す源

またかむ肌肉をよく使うことにより頭脳は明晰になりボケ防止にもなります。さらに視力が衰えない、廊下や肥満、糖尿病、アトピーの予防、瞬発力の増強、成績向上、悪玉の感染性細菌の撲滅、内臓の若返りなど多くの利点があげられます;。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
遠藤歯科医院
http://www.endoshika.jp/
住所:〒178-0064 東京都練馬区南大泉3-7-2
TEL:03-3978-8148
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

予防に力を入れ虫歯ゼロの健康的な歯へとサポートする歯科医院のブログです

千保谷駅の近くにある当院は、カウンセリングを重視し、患者様にわかりやすい説明と丁寧な治療を心がけている歯医者です。高齢になってもおいしく食事ができる幸せを多くの方に感じてもらえるよう真心こめて治療を行っております。
また予防にも力を入れている事から、ブログにて歯の健康に関する豆知識や正しい歯磨きの方法を掲載しております。これから5年後10年後も健康な歯を維持したい方や、お口のお悩みを抱えている方は是非、歯科医院が配信するお役立ちブログをご覧ください。
歯のお悩みはお一人お一人で異なりますので治療方法も一つではございません。だからこそ、しっかりとカウンセリングでお話しをお伺いし、適切な治療をご提案致します。確実な治療と数多くの症例実績がある、保谷駅からアクセス抜群の当院へお任せください。