遠藤歯科医院

遠藤歯科医院|東京都練馬区南大泉3-7-2

ブログ一覧

2016/11/30

よく噛むことは食中毒予防になる

くちのなかでぼうぎょー

口の中には非常に多くの菌が住んでいて、菌は互いに均衡を保っています。他の菌つまり外来性の病原菌が入ってきても住めない状態なのです。またそれらの菌を防御するいろいろな機能も備わっています。

唾液をたくさん出すことー

唾液の中にある免疫グロブリンや抗菌物質「リゾチイム、ラクトフェリン」が最近の繁殖を抑えます。

声らを考えると、食中毒予防で最も大事なことは唾液をたくさん出して食べ物をよく噛むことです。よく噛むことで唾液も多量に分泌されます。

次に第二の喚問、胃が待ち構えています。食べ物をよく噛んでいる間に、胃からは強酸が分泌され待ち構えているので外来病原菌も簡単に死滅してしまいます。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
遠藤歯科医院
http://www.endoshika.jp/
住所:〒178-0064 東京都練馬区南大泉3-7-2
TEL:03-3978-8148
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/11/28

現代人と古代人の噛む回数は違う

卑弥呼の時代は4千回ー

げんだいのにほんじんは、しょくじのときによくかまなくなったために、あごやかおのかたちまでかわってきました。

3世紀半ばごろの邪馬台国の女王といえば卑弥呼ですが、卑弥呼はいったいどんな食事をとっていたのでしょうか。主食は今でいうおこわ。ほかに木の実や干し物などで、自然食そのものいかにも堅そうなものばかりでした。これらを食べるために、およそ4千回はかみ、時間も50分以上かけていたと思われます。

下あごが小さく弱くなる―

現代は柔らかい食事が好まれ、噛む回数は平均およそ600回、食事の時間も10分程度になっています。弥生時代の5分の1程度の食事時間です。結果として下あごが小さくなり弱くなってきたといわれます。顎が小さくなると、歯とあごの不調和が起こっては並びが悪くなります。歯並びが悪いと、虫歯や歯周病にもなりやすくなります。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
遠藤歯科医院
http://www.endoshika.jp/
住所:〒178-0064 東京都練馬区南大泉3-7-2
TEL:03-3978-8148
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/11/24

口は健康のもと

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
藤歯科医院
http://www.endoshika.jp/
住所:〒178-0064 東京都練馬区南大泉3-7-2
病気の最初の兆候は意外と口の中に現れることが多いのです。歯に連なる神経は大脳の重要な位置を占めているので口や歯だけを単一のものとして体から切り離して考えることは妥当ではありません。
昔から「口は健康の入り口」と言われているように、口は健康を生み出す源です。それは健康な体そのものを育て、そして命全体を守っているのです消化器官の第一関門に立っているのが口でありははっその衛兵であるといえます。夢判断で有名な精神分析医のフロイトは、歯が抜ける夢は「去勢の恐怖」であるといっています。「歯イコール精力」だとすれば,歯がだめになることは、人間の根源的な精力減退につながります。さらには頭の回転を鈍らせ痴呆を早めることにもつながりかねません。
2016/11/22

全身に関する唾液の働き

・科学的消化作用ー唾液アミラーゼはでんぷんをデキストリンや麦芽糖の状態にまで分解する。

・発音・発声の円滑作用。

・抗菌作用ーぺルオキシダーゼやりぞちーイム、ラクトフェリン、分泌型後退など唾液中の抗菌物質が抗菌作用を発揮する。

排泄作用ーたいないにとりこまれてけっちゅうにまではこばれたいぶつ、たとえばやくぶつやかがくぶっしつは、だえきちゅうにはいせつされる。

内分泌作用ー唾液腺ホルモンのパロチンは、歯や骨のh対句を促進させる。

その他ー発がん物質の働きを抑える。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
遠藤歯科医院
http://www.endoshika.jp/
住所:〒178-0064 東京都練馬区南大泉3-7-2
TEL:03-3978-8148
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/11/19

舌の働き

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
遠藤歯科医院
http://www.endoshika.jp/
住所:〒178-0064 東京都練馬区南大泉3-7-2
TEL:03-3978-8148
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
絶の間隔「触覚・圧覚・痛覚・冷覚・温覚」は指先とともに最も敏感で、味覚受容器もあります。
舌ノ役割
・絶は唾液を介して食べ物の味ばかりか、温度や硬さ、大きさなどの微妙な違いを感知することができる。最近、「うまみ」の存在が確認された\。
・不快な味の腐敗物や毒物などの有害物質、小石などの異物を敏感に察知し、吐き出させる。
・繊細な感覚と運動機能がある。食べ物を咀嚼しやすいようにはの上に乗せ、唾液と混ぜ合わせる。のみこめる大きさになったらぜつのせでのどの方おくりこむ。
おいしく食べることによって、唾液のみならずはんしゃ的に胃液や膵液胆汁をも分泌させ、消化を促進させる。
複雑な動き
\絶は

発生の由来が異なるものの集まりで、いろいろな働きをするために、多くの種類の脳神経線維が入り込んでできている。魚類の舌には筋肉がなく、両生類では体節きんが伸びて筋肉ができ、カエルやカメレオンのようにのどからぜつが
\\
出て獲物を捕らえることができるようになった。哺乳類は物をかむ運動によって絶がさらに発達した。繊細で細かい運動ができるひとのぜつは、舌せんや舌根にのいち、ぜつのかたちをかえることによってびみょうなおとのひょうげんができうたをうたったりコムニケイションがはかれるようになった。

予防に力を入れ虫歯ゼロの健康的な歯へとサポートする歯科医院のブログです

千保谷駅の近くにある当院は、カウンセリングを重視し、患者様にわかりやすい説明と丁寧な治療を心がけている歯医者です。高齢になってもおいしく食事ができる幸せを多くの方に感じてもらえるよう真心こめて治療を行っております。
また予防にも力を入れている事から、ブログにて歯の健康に関する豆知識や正しい歯磨きの方法を掲載しております。これから5年後10年後も健康な歯を維持したい方や、お口のお悩みを抱えている方は是非、歯科医院が配信するお役立ちブログをご覧ください。
歯のお悩みはお一人お一人で異なりますので治療方法も一つではございません。だからこそ、しっかりとカウンセリングでお話しをお伺いし、適切な治療をご提案致します。確実な治療と数多くの症例実績がある、保谷駅からアクセス抜群の当院へお任せください。