遠藤歯科医院

遠藤歯科医院|東京都練馬区南大泉3-7-2

ブログ一覧

2016/10/21

つばにはどんな役割があるの

 

 

ほとんどは水分ー何かすごいものを目の当たりにしたとき:鍔:を飲み、人にとられたくない物二:鍔:をつけると五8ますよね。実際のつば〈唾液〉って何なのか説明してみましょう。まいにでぃ何気なく飲み込んでしまっているつばのりょうはどのくらいあるかそうぞうできますか。1にちのぶんぴつりょうは1-1・5りっとるにもなります。ほぼちゅhせいでせいぶんてきには99・5ぱーせんと

が水分。残り0・5パーセントの固形成分にはすごいものが入っています。まずアミラーゼ。でんぷんを消化して麦芽糖にかえる酵素です。ごはんを口に入れた時からもう消化は始まっています。次にリゾチーム。細菌風ぐするの西武bんとしても使われており、消火酵素というものです。ㇼぞチームは特別なものではなく、普段皆さんが自分で生産し、知らずに飲んでいるのです。ばい菌をやっつける抗菌因子もおおくはいっています。

甘いキスもつばのおかげーつばには、アミラーゼによる〈消化作用〉食べ物を湿らせて砕きやすく、飲みやすくする〈潤滑作用〉、食べ物の味成分を溶かして舌で味わいやすくする〈溶解作用〉、ばい菌をやっつける「抗菌作用」、賛成の強いものやアルカリ性の強いものの〈中和作用〉など、多くの働きがあります。もう一つ、なめらかで甘いキスもつばのおかげです。:鍔:の存在に感謝しましょう。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
遠藤歯科医院
http://www.endoshika.jp/
住所:〒178-0064 東京都練馬区南大泉3-7-2
TEL:03-3978-8148
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/10/20

口で呼吸するとどんな影響が

口の粘膜が乾燥状態にー

ふつう私たちは鼻で呼吸をしています。鼻腔は肺に送る空気をきれいにしたり、湿らせたり、適度に温めたり冷やしたりする作用を持っています。花の疾患や歯列不正などで鼻呼吸が妨げられると、習慣的に口で呼吸するようになります。口呼吸では、肺に送る空気を調整する花の砂糖が働かないために、口腔内が乾燥した空区にさらされるようになります。この結果、口の粘膜は乾燥状態になり、歯茎の抵抗力は弱って歯茎の炎症を誘発したり、悪化させたりします。

子供の発育を妨げることもー口呼吸を行う人は唇が開いたままの状態が持続するために、成長期の子供では口の筋肉のゆるみを招き、鼻や唇、更にはは並びやあごなどの正常な発育に障害を及ぼすこともあります。また感冒など感染症にかかりやすく、アトピイの原因になるという人もいます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
遠藤歯科医院
http://www.endoshika.jp/
住所:〒178-0064 東京都練馬区南大泉3-7-2
TEL:03-3978-8148
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/10/18

6才きゅうしってなに

永久歯の中でも一番がっちりー

【6歳休止は】その名のとうり6歳ごろにゅうきゅうしの奥に生えてくる:歯の王様;と呼ばれている永久歯です。乳歯に虫歯があればそのまま6歳臼歯にも虫歯菌がくっついて虫歯になりやすいのです。かんぜんにはえるまで1年から1年半もかかり汚れやすい環境下にあることやん6うう氏の一番奥に生えてくるためきずきにくく、噛む面が凸凹しているので食べかすがたまりやすいーといった理由があります。

きめ細かな手入れが一番ー

ではだいじなだいじなろくさいきゅうしがむしばにならないようにするには、どうすればよいのでしょう。

:六歳臼歯が歯の王様であることをよく認識すること。

:乳歯の時期からしっかりと口の中の管理をすること。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
遠藤歯科医院
http://www.endoshika.jp/
住所:〒178-0064 東京都練馬区南大泉3-7-2
TEL:03-3978-8148
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/10/14

乳歯の役割とは

乳歯は「親」の役目ー3歳ごろから9歳ぐらいまでの間にレントゲンをとってみると、にゅうしの根が永久歯の芽をしっかり抱きかかえているのが分かります。えいきゅうしのめはにゅうしのねにまもられながらせいちょうし、でばんをまっているのです。その様子はまるで、親鳥「乳歯」が自らの羽〈乳歯の根〉でひな〈永久歯の芽〉を抱え、巣立ちするまでの我が子をいつくしんでいるようにも見えます。

永久歯へのつなぎ役ではないー乳歯は、永久歯になるまでのつなぎの役目を果たしているだけでなく、永久歯が健康に育ち、正しい位置に生えるための、親の役目もしているのです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
遠藤歯科医院
http://www.endoshika.jp/
住所:〒178-0064 東京都練馬区南大泉3-7-2
TEL:03-3978-8148
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2016/10/13

日本人の歯の健康状態はどうですか

 

先進国ではない日本ー結論から言いますと、歯に関しては、日本は決して先進国とは言えません。各国と比較できるものに、12歳児の虫歯の数の比較〈dmfth指数・d-未処置の虫歯m-虫歯が原因で亡くなった歯、f-処置をした虫歯」があります。1996年のwhoの報告によると先進国で虫歯が減少した要因として、フッ素の応用が挙げられています。

歯も定期検診をーでは80歳で残っている歯の数はどうでしょうか。sweadenは15・7本,americaが15・1本。「80歳で20本」の8020運動を推進している日本は、残念ながら4・5本です。体だけでなく歯も定期検診を受け、いつまでも自分の歯で食べる喜びを感じつずけたいものです。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
遠藤歯科医院
http://www.endoshika.jp/
住所:〒178-0064 東京都練馬区南大泉3-7-2
TEL:03-3978-8148
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

予防に力を入れ虫歯ゼロの健康的な歯へとサポートする歯科医院のブログです

千保谷駅の近くにある当院は、カウンセリングを重視し、患者様にわかりやすい説明と丁寧な治療を心がけている歯医者です。高齢になってもおいしく食事ができる幸せを多くの方に感じてもらえるよう真心こめて治療を行っております。
また予防にも力を入れている事から、ブログにて歯の健康に関する豆知識や正しい歯磨きの方法を掲載しております。これから5年後10年後も健康な歯を維持したい方や、お口のお悩みを抱えている方は是非、歯科医院が配信するお役立ちブログをご覧ください。
歯のお悩みはお一人お一人で異なりますので治療方法も一つではございません。だからこそ、しっかりとカウンセリングでお話しをお伺いし、適切な治療をご提案致します。確実な治療と数多くの症例実績がある、保谷駅からアクセス抜群の当院へお任せください。